Loading

NEWS&BLOGお知らせ&ブログ

2018.11.08

販促スタートアッププラン

販促スタートアッププラン

企業ホームページの制作を請け負うとき、
我々が今一番大事にしていることを整理した結果
まとめられたのが
「販促スタートアッププラン」です。

 

これまで様々な企業のホームページ(ウェブサイト)を作るなかで
いろいろな声を聞いてきました。

一番大きいのは、やりたいことはたくさんあっても
かけられる予算や人員が限られていること。

二番目には、ウェブサイトを持っていても
効果や成果を実感できてない方が多いこと。

ウェブの集客力が無視できないほど大きいと知っていても
自社のサイトの費用対効果に確信が持てないのです。

 

確かに、予算をかけて大掛かりなウェブサイトを作ったとしても
そのサイトを使って満足な広報・販促活動がなされてなければ、
成果は期待できませんね。

そこで弊社で考えたのは企業ウェブサイトを
「小さく始めて、大きく育てる」方式。

販促・集客の基礎となるミニマムな仕様のウェブサイトで
スモールスタートを切るというやり方です。

 

ただし、予算を抑えて作るにしても
受け手、つまり見込み客となる人が必要とする情報が
きちんと発信されてないと売上には絶対につながりません。

ですからミニマムな仕様といっても
企業の強みと、その企業のキャラクターが
しっかり伝わるものでないとダメなんです。
そこがうちの腕の見せ所なんですよね。

ウェブサイトの制作の中でも
「記事編集」には特にこだわっています。
ここは是非おまかせいただきたいところですね。
なにせ、元「出版社」ですから。

 

また「大きく育てる」ための環境づくりも大事です。

企業のウェブサイトが継続して情報を発信し続けることで
その企業の様々な強みや個性がより鮮明に見えてくるのですが
そんな情報を発信する側は、なかなか大変な作業です。

そこで、更新しやすいウェブサイトであることはもちろんのこと
希望する企業さんとは定期的にミーティングを行って成果を検証し
販促の目標に照らして、どんな情報を発信していくか、
ウェブサイトのアクセスと集客実績をどう結びつけていくか
検証と改善を繰り返しながら
ウェブサイトを成果の見える集客ツールに育てていくのです。

 

ホームページを作るのではなく
集客ノウハウを蓄積していく、またその土台を作る。
そんな視点で見ていただけるとうれしいですね。

 

販促スタートアッププラン

この記事を書いた人

代表取締役井上浩一郎

1964年福岡生まれ。鹿児島市在住。
鹿児島県立大口高等学校、国土交通省航空保安大学校卒業。航空局管制技術官として勤務するも仕事観の違いにより25歳で退職。幾つかの仕事をしながら道を探っていたが、ある時、顧客向け会報誌の作成を担当したことがきっかけとなってメディア作りに目覚め、1997年情報誌CROWD(クラウド)創刊。1999年に有限会社クラウドを設立。情報誌CROWDは地元情報誌にはなかった新たな視点とクオリティで若者を中心に好評を博した。2009年からは新たに企業メディアに注力。特にコンテンツの充実によるウェブマーケティングと、その会社らしさを感じ取れる広報誌など企業メディアのプロデュースに力を入れている。

代表ブログ” その他の記事

Page Top