Loading

NEWS&BLOGお知らせ&ブログ

2014.01.08

受け手があってこそ出てくる言葉がある

私は基本的に取材が好きです。

 

今は自社の経営面を中心に仕事をしますが、昔からの流れで取材をする案件もあります。
文章をまとめるのは実はなかなか苦痛で、一言で「好き!」とは言えないのですが(笑)
取材時に、日頃語られないような言葉を相手から出してもらったりするのは
とても楽しいことです。

 

もちろんこちらの聞き方も超真剣です。

とにかく取材時は、目の前の話題に強い関心を持つ聞き手になっています。
なぜなら自分がきちんと理解して、なるほどと合点がいかないと、
文章にまとめる時に読み手に理解させられないからです。

 

個人的には日々経営やビジネス、
人生のヒントに対してアンテナを張っているせいか、
割とどんな話題でも面白く聞くことができます。

会社案内や企業ホームページのための取材をして、
人生の気づきをもらえたということも一度や二度ではない気がします。

こちらが面白がって聞いているときは、
相手の方もいつもより多めに喋ってくださっているみたいです。

 

言葉というのは伝わる相手が確実に見えていれば、どんどん出てくるもの。

逆に聞く気のない人、無関心の人々に、一方的に投げかけるのは本当につらいものです。

 

いろいろ発信していて、受け手の存在感を感じられればこそ、出てくる言葉もある。
そういう意味では、企業のプロモーションの一環で、
ブログなり、ホームページなりを開始する最初の段階、受け手がまだ見えない段階で、
いかに自分から(自社から)言葉を引き出していくか。
そこが仕組みとして結構大切だと、取材人の端くれとして感じるところです。

 

その会社、そのお店でないと出てこない言葉というものがあります。
そういう言葉で自己紹介をしていく、
そういうプロモーションがこれからはもっと重要になるんじゃないでしょうか。

この記事を書いた人

代表取締役井上浩一郎

1964年福岡生まれ。鹿児島市在住。
鹿児島県立大口高等学校、国土交通省航空保安大学校卒業。航空局管制技術官として勤務するも仕事観の違いにより25歳で退職。幾つかの仕事をしながら道を探っていたが、ある時、顧客向け会報誌の作成を担当したことがきっかけとなってメディア作りに目覚め、1997年情報誌CROWD(クラウド)創刊。1999年に有限会社クラウドを設立。情報誌CROWDは地元情報誌にはなかった新たな視点とクオリティで若者を中心に好評を博した。2009年からは新たに企業メディアに注力。特にコンテンツの充実によるウェブマーケティングと、その会社らしさを感じ取れる広報誌など企業メディアのプロデュースに力を入れている。

代表ブログ” その他の記事

Page Top