Loading

NEWS&BLOGお知らせ&ブログ

2018.10.29

望みの先

望みの先

抵抗感を感じずに望んでいることは
だいたい望んだ通りになる。
思い描いていた通りになる。

 

ここ最近望んでいたことが、
今、現実になろうとしているけれども
想定していたより時期が早くて準備が追いついてなかったりする。
だからあわてたり混乱したりする。
でも結果自体は望んでいたこと。

 

これまでも、多くを望み、実現したけれど
望んでいる割に受け入れる準備ができてないことが多かった。
望んでいることの実現は難しくないのに
実現した後のことを考えてなくて苦労することが多かった。

 

今後もっと心がけようと思うこと、
それは大いに望むこと。

根拠や手段や難しさは置いといて、ただ望む。
当然そうあるかのように。

望みを叶える方法を難しく考えないほうがいい。
難しく考えれば難しくなるから。

当然そうあるかのように望む。
力みのある望みは自分で難しく感じているので
その通りの難しさで思ったとおり実現しないのです。

 

これまでも自然に思い描く望みは形になりました。
大事なのは、望みが叶った状況への準備を怠らないようにすること。

夢も目標も、叶うことだけでとどまらず
叶ったらどうするか考えておくこと。

望みを頭の中で既成事実化し
その先を考えれば準備は万端。
潜在意識は動かずにはいられないでしょう。

こういうことは過去に本でも読んでるし経験もあったのに、
ときどき忘れてしまうこともあるんですよね。
目の前の現実が望んでいたことだと気づいて思い出しました。

 

自分の思い描いたものが目の前にあることの有り難さ。
そしてまた望みます。

この記事を書いた人

代表井上浩一郎

1964年福岡生まれ。鹿児島市在住。伊佐市出身。国土交通省航空保安大学校卒業。航空局管制技術官を辞め、営業職を経験しながら起業の道を模索。顧客向け会報誌を担当したことがきっかけでメディア作りにハマり、その後情報誌出版で創業。犬2頭とのランニングが日課。趣味として国際政治や戦略論を勉強中。

代表ブログ” その他の記事

Page Top