Loading

NEWS&BLOGお知らせ&ブログ

2018.07.21

「遅読家のための読書術」

「遅読家のための読書術」

この本からは読書に関するヒントをもらいました。
自分も遅読家の自覚があるため、タイトルにつられての購入でした。

遅読家は読書に対する真面目さが捨てきれないそうです。
理解し、記憶し、活用しようと考えすぎるからでしょう。

 

著者は「音楽を聴くように本を読む」ことを勧めています。

『音楽は音が自分の中を通り抜けていくこと自体が心地いい。
 しかし、その中でも「残る音」はある。聴いた結果として
 自分の中に生まれるものこそが、その音楽の本当の価値』

『何かのための読書なんてつまらない。
 それよりもたくさんの本を読む
 プロセスそのものを楽しめるようになろう』

 

自分の体験を振り返ると半分読んだところでその本の新鮮味がなくなり
それ以上読み進められなくなった時に
軽い敗北感のようなものを感じていましたが
全くの筋違い。楽しくなければさっと拾い読み、飛ばし読みをして
さっと終えれば良かったのです。
音楽はスキップしますよね。

 

 

本を購入する時には必ずなんらかの期待を持って買っています。
何かを解決するため。何か心の穴を埋めるため。
ただ、そこに行き着くまで、探し出すまでが長いと読書はしんどい。
ページをいくらめくっても、それが出てこないと読み進めるのは難しい。

なので、その本から何を得るかをもっと明確に自覚して読み始めれば
読むべきところ、流し読みで十分なところがわかる。

確かに音楽を聴く時、どんな気分になりたいかで選曲をしています。
選曲のノリ、曲飛ばしのノリで読み進めていけばいい。
(ここでは小説ではなくビジネス書や評論などが対象)

 

著者は「はじめに」と「目次」をよく読むことを勧めています。
この二つは本のナビの役割を果たしていますので
より主体的に本を読むことができます。
電子書籍であれば目次からクリックしてまた戻ってくるのも容易です。

 

『一冊を深く読むのではなく、たくさんの本から
 「小さなかけら」を集めて、「大きなかたまり」を作っていく』

 

青春時代に聴いた数々のヒット曲が自分のライフスタイルを決定したように
自分を作るいくつものフレーズに出会う。
そういうノリのいい読書にしたいと思いました。

この記事を書いた人

代表取締役井上浩一郎

1964年福岡生まれ。鹿児島市在住。
鹿児島県立大口高等学校、国土交通省航空保安大学校卒業。航空局管制技術官として勤務するも仕事観の違いにより25歳で退職。幾つかの仕事をしながら道を探っていたが、ある時、顧客向け会報誌の作成を担当したことがきっかけとなってメディア作りに目覚め、1997年情報誌CROWD(クラウド)創刊。1999年に有限会社クラウドを設立。情報誌CROWDは地元情報誌にはなかった新たな視点とクオリティで若者を中心に好評を博した。2009年からは新たに企業メディアに注力。特にコンテンツの充実によるウェブマーケティングと、その会社らしさを感じ取れる広報誌など企業メディアのプロデュースに力を入れている。

代表ブログ” その他の記事

Page Top