Loading

NEWS&BLOGお知らせ&ブログ

2017.01.06

「アッポーペーン♪(シル)」を使い始めました

「アッポーペーン♪(シル)」を使い始めました

新しくなったMacBookProに心が動いていたのですが、フルチェンジ直後のモデルは何かとトラブルもつきもので、クルマなんかもそんな話をよく聞きます。案の定、液晶ディスプレイとかバッテリーの不具合の記事も出たりしてて、ここ1年は様子見と心に決めたところでした。

代わりにOSのアップデートからもはずされた初代iPadMiniが実用に苦しくなってきたこともあり、iPadを新しくすることにしました。実は会社の備品として2人のディレクターにiPadProのデカい方を支給していたのですが、ディレクター宮園がいっしょに導入したアップルベンシルとの使い心地を絶賛しており、新しいツールやサービスをとりあえず使ってみる私としてはアップルペンシルの導入は時間の問題でもありました。いや、出てからしばらく経ってますので、今までよく我慢した方だと思います(笑)

ペンシルを使いはじめると、当然それを活用できるアプリに興味が湧いてきます。D宮園のイチオンはGoodNotes。送られてきたPDFに直接「赤」を入れられるなかなか便利やアプリです。即、採用!

そして僕が今特にハマッてしまったのは、手書き入力メソッドの「Mazec」です。手書きで文字を書いていくとテキストデータで入力されていくのです。昔PalmというPDA(って言葉を知らない人も多いと思いますが…)とスタイラスペンでアルファベットを認識させていた頃を思い出し、遠い目をしながら技術の進歩に感じ入ったりしています。

最初はiPadにBluetoothキーボードを使うつもりが、この手書き入力に慣れるとタイプがめんどくさくなり、この文章もアップルペンシルとMazecで手書きでホイホイ書いています。

自分の考えをひねり出すときはいつもノートに書き出していたので、この体験はごく自然な感触。この技術自体は少し前に確立されていたみたいですが、自分にしっくりくる体験として感じとれると嬉しいものです。僕にとっては音声入力やSiriよりもずっととっつきやすい。音声入力はいまだに照れがありますし。

これは自分にとってなくてはならない道具になると感じた僕は、細くてイマイチ握りにくいアップルペンシルのためにわざわざグリップを買ってきましたよ。2個入りで200円。これで日本製の使い心地のいいボールペンみたいになりました―。いやホント最高の使い心地です。

会社として、個人として、考えをまとめたり発信したりすることの重要性を考えれば、なるべくストレスのないアウトプット環境が大事だと改めて思い直したところでした。

ちなみに記事タイトルは、フェイスブックにアップルペンシルの件をあげたところ、ある方にソッコーコメントしていただいたもので、流行りを押さえたコメントに感心したのでそのまま拝借しました。私はそういうのは鈍いです(笑)

この記事を書いた人

代表取締役井上浩一郎

1964年福岡生まれ。鹿児島市在住。
鹿児島県立大口高等学校、国土交通省航空保安大学校卒業。航空局管制技術官として勤務するも仕事観の違いにより25歳で退職。幾つかの仕事をしながら道を探っていたが、ある時、顧客向け会報誌の作成を担当したことがきっかけとなってメディア作りに目覚め、1997年情報誌CROWD(クラウド)創刊。1999年に有限会社クラウドを設立。情報誌CROWDは地元情報誌にはなかった新たな視点とクオリティで若者を中心に好評を博した。2009年からは新たに企業メディアに注力。特にコンテンツの充実によるウェブマーケティングと、その会社らしさを感じ取れる広報誌など企業メディアのプロデュースに力を入れている。

代表ブログ” その他の記事

Page Top