スタッフブログ

2018年08月25日

ライフログを実践中

 

私がもし
推薦するアプリがあるとすれば
一つはオムニフォーカス(Omni Focus)、
もう一つはデイワン(Day One)でしょう。

今日は後者のDay Oneを紹介します。

 

 

 

Day One は一言で言えば日記アプリ。
今風に言えばライフログアプリです。
Mac用とiOS(iPad・iPhone)用、それとAndroid用もあるようです。
両方持っていれば、データの同期も可能です。

私がDay One を使い始めたのは2012年1月15日。
日付までわかっているのはDay One の最初の投稿に
「試しに入れてみるDay One」と記録されていたからです。

死屍累々のアプリチャレンジの中で
ちょいと試しに使ってみたアプリとしては
奇跡的なロングラン。もう6年を超えていました。

Day One はスマホからの入力が使いやすく
写真や文字を入力すると自動で日時が入り、
設定次第ではロケーションや天気・気温も記録されます。
1記事で10枚まで画像が入れられますから
大概の記録には十分でしょう。

見た目もシンプルなデザインでとっつきやすく
カレンダー表示や写真表示ができて振り返りを容易にしています。

 

この日記アプリには
中に10種類まで日記を作成できます。

 

私は以下の通り、6つ作成して記録しています。

・ブログ・・・・・ブログの下書き
・食べログ・・・・食事の記録
・ジャーナル・・・日々の生活記録
・雑記帳・・・・・目にした情報や雑感
・読書メモ・・・・本の抜き書きと感想
・仕事メモ・・・・仕事の課題メモ・アイデア

 

特に最近意識してつけているのは「ジャーナル」で
これは行動の機械的な記録です。

 

ざっと眺めてみると本当に日々の記録そのまま。

・車の故障修理や車検の記録(PDFつき)
・購入した服のサイズと値段(SかMかで迷うことが多い)
・そのほか購入した物(主にガジェット類、カメラ関係)
・自室の配置換えビフォーアフター
・犬の体重測定結果
・自分の体重測定結果
・自分の健康診断書PDF
・入学式、卒業式など家族イベントの一コマ
・歯医者の治療記録
・髪をカットした直後の写真

などなど。

あと季節によって皮膚の炎症を起こすことがあり
その経緯を記録することもあります。

体型の変化なども記録しておくといいかもしれません。

 

後から見返すと
記録がマメになるほど人生の時間感覚が確かめられ
流れや変化を感じられます。
少しでも向上、変化が感じられると
モチベーションが上がります。

SNSとは違い、
公開を前提としない自分のためだけの記録であり
写真ワンショット+たったひと言だけの記録が
足早に去っていく日々の時間の重みを
再認識させてくれます。

 

どのスマホにも「ライフログ」のジャンルで
アプリが存在しているみたいですから
はじめてみることをお勧めします。

  • 一覧はこちら