Loading

NEWS&BLOGお知らせ&ブログ

2018.09.11

「知的生産の技術」

「知的生産の技術」

いやもう本当に驚いた。
こんな本が今から50年ほど前に書かれていたなんて。
まださわりしか読んでいないのだけど
書き出しだけでインパクトがあったので
その印象だけを書いています。

とにかく読むとこ読むとこ
今の世の中を明確に予想していることに
良い意味でショックを受けました。
工業の時代に続く次の時代の情報産業についても。

たくさんありますが、特にバチッときた一箇所を引用します。

 

「(前略)
・・すべての人間が、その日常生活において
知的生産活動を、たえずおこなわないではいられないような社会に、
われわれの社会はなりつつあるのである。

社会には、大量の情報があふれている。
社会はまた、すべての人間が情報の生産者であることを期待し、
それを前提として組みたてられてゆく。

人びとは、情報をえて、整理し、かんがえ、結論をだし、
他の個人にそれを伝達し、行動する。
それは、程度の差こそあれ、みんながやらなければならないことだ。
(後略)」

「知的生産の技術」(梅棹忠夫)
初版発行: 1969年7月

 

自分が買ったのはkindle版なので正確にはわかりませんが
奥付には「2015年6月26日発行 第94刷発行」とあります。
読み継がれて来た大ベストセラーなのですね。

タイトルは聞いたことがありましたが
手に取ったのは今回が初めて。

読んだ記事から記事へと導かれてこの本に行き着いたのでした。
私も著者が主張する知的生産の受益者なわけですね。

今日はひとまずここまでで。

この記事を書いた人

代表取締役井上浩一郎

1964年福岡生まれ。鹿児島市在住。
鹿児島県立大口高等学校、国土交通省航空保安大学校卒業。航空局管制技術官として勤務するも仕事観の違いにより25歳で退職。幾つかの仕事をしながら道を探っていたが、ある時、顧客向け会報誌の作成を担当したことがきっかけとなってメディア作りに目覚め、1997年情報誌CROWD(クラウド)創刊。1999年に有限会社クラウドを設立。情報誌CROWDは地元情報誌にはなかった新たな視点とクオリティで若者を中心に好評を博した。2009年からは新たに企業メディアに注力。特にコンテンツの充実によるウェブマーケティングと、その会社らしさを感じ取れる広報誌など企業メディアのプロデュースに力を入れている。

代表ブログ” その他の記事

Page Top