Loading

NEWS&BLOGお知らせ&ブログ

2018.08.21

何でもない時を撮る

何でもない時を撮る

今日は自分のメインカメラを
サービスセンターに送り出しました。
2年前のカメラを最新機種と同等性能にするという
「どんだけ良心的なんだ!」とファンをわかせた
アップグレードサービスを受けるためです。
カメラはペンタックスK-1といいます。

絶好調のソニー、
ママからプロまで幅広い人気の二大巨頭キャノンとニコン、
ミラーレスカメラで攻勢をかけるフジとオリンパス。
国内メーカーがしのぎを削る中、
独特の設計思想に惹かれて私はペンタックスを使っています。

現在のシェアは小さいのですが
一眼レフカメラを初めて世に送り出したメーカーで
ユニークな発想と確かな技術で
コアなファンのハートを掴んで離さない
私の大・大・大好きなブランドです。

好きな理由はいろいろあるのですが
一番の魅力は小ぶりなサイズに機能が凝縮されていること、
そしてレンズがとても凝っていること。

これは日常使いにふさわしく
どんな場面でも使うことが楽しくなるのです。
つまりアマが楽しみのために使うカメラ。

私のメインの被写体は家族や愛犬であり
普通の生活のシーンを20年以上撮り続けてきました。
撮っている場所は圧倒的に自宅内が多いのです。

ただご飯を食べている。
犬と遊んでいる。
食事の支度。テーブルの上。
勉強会とかロウソクの灯りだけのバースデイケーキなど。
初詣、初雪、初登校。
そういう何気ないシーンを撮り続けることの面白さがあります。

子どもが大きくなると
カメラを向けても嫌がって写ってくれませんから
小さいカメラでささっと撮ったり
広角で部屋全体の構図に変えたりと
作戦を練るのもまた楽しみだったりします。

何か行事があるときに撮るのはもちろんですが、
何もない時こそ撮るべきと私は力説したい。

そういう日常の撮影には手に馴染むカメラを使うべきで
いつも手元にあるスマホに加えると情景の見え方も変わると思います。
カメラの面白さはレンズの面白さでもあります。

カメラ目線でもピースサインでもない
カメラを意識しない自然な瞬間を切り取ることの面白さ。
人が何かに向かう横顔の魅力。

最近は立場上、仕事で撮ることはほとんどありませんが
誰かにお願いして、横顔を撮らせてもらおうかなと。
K-1がアップグレードから返ってきて
「K-1改」になったら始めようかと
密かに思っています。

この記事を書いた人

代表取締役井上浩一郎

1964年福岡生まれ。鹿児島市在住。
鹿児島県立大口高等学校、国土交通省航空保安大学校卒業。航空局管制技術官として勤務するも仕事観の違いにより25歳で退職。幾つかの仕事をしながら道を探っていたが、ある時、顧客向け会報誌の作成を担当したことがきっかけとなってメディア作りに目覚め、1997年情報誌CROWD(クラウド)創刊。1999年に有限会社クラウドを設立。情報誌CROWDは地元情報誌にはなかった新たな視点とクオリティで若者を中心に好評を博した。2009年からは新たに企業メディアに注力。特にコンテンツの充実によるウェブマーケティングと、その会社らしさを感じ取れる広報誌など企業メディアのプロデュースに力を入れている。

代表ブログ” その他の記事

Page Top