Loading

NEWS&BLOGお知らせ&ブログ

2013.12.13

紙、そしてウェブ

紙、そしてウェブ

2009年の9月号をもって休刊した弊社発行の情報誌CROWD。
クラウド社は、CROWD発行をきっかけとして創業しました。

約12年間の情報誌発行の中で、誌面作り、
つまりはコンテンツ企画や執筆・編集術、取材や撮影の手法、デザインワークなど
現在の業務の中心となるスキルを身につけていきました。

毎月の締め切りがなかなかキツかったのですが
おかげでチームとして随分と鍛えられたものです。

その情報誌のバックナンバーの在庫は多少は保管してありましたが、
トータル137号ともなると、それなりにスペースを占めます。

そこで毎朝の清掃作業時間に整理整頓、処分をすすめ、
資料として残す分のみ箱詰め保管に。

それでも結構な量ですが、なんとか収まるべきところに収まり、
これまでバックナンバーが保管されていた場所が
私の新しい仕事スペースとなりました。めでたしめでたし(笑)。

 

最近ではすっかりデジタルデータの生活になり、
保管や処分に困る紙よりも、データでくださいという気持ちが強いですし、
本は置き場に困るので、私の場合、購入する本の半分は電子書籍になりました。

 

でも企業や店舗が顧客にリーチするには紙とウェブ、どちらの力も必要で
それぞれの良さを活かした媒体の使い方が必要になってきます。
紙とデジタルの使い分けは、受け手への到達具合、
使い方をよくよく想像しながら検討しなければなりません。
便利かつ悩ましい時代です。

 

そういえば弊社デザイナーが申しておりましたが
ウェブと紙と、両方のデザインをやるということを
同業の方々から物凄く珍しがられるとか。
紙とウェブではほぼきっちり分かれているようなのです。

 

情報誌から始まって、
ウェブサイトにもその編集部的な要素を応用しているわが社では
どちらの良さもわかるだけに、どちらかはなかなか選べないのですよね。
両方を知ることを強みとできれば、それはサイコーです。
あとはどっちつかずの中途半端にならないように気をつけねば(笑)。

この記事を書いた人

代表取締役井上浩一郎

1964年福岡生まれ。鹿児島市在住。
鹿児島県立大口高等学校、国土交通省航空保安大学校卒業。航空局管制技術官として勤務するも仕事観の違いにより25歳で退職。幾つかの仕事をしながら道を探っていたが、ある時、顧客向け会報誌の作成を担当したことがきっかけとなってメディア作りに目覚め、1997年情報誌CROWD(クラウド)創刊。1999年に有限会社クラウドを設立。情報誌CROWDは地元情報誌にはなかった新たな視点とクオリティで若者を中心に好評を博した。2009年からは新たに企業メディアに注力。特にコンテンツの充実によるウェブマーケティングと、その会社らしさを感じ取れる広報誌など企業メディアのプロデュースに力を入れている。

代表ブログ” その他の記事

Page Top