スタッフブログ

2018年11月07日

メモ魔になりたい

 

メモ魔になりたいです。

なればいいと思います。でもまだメモ魔になりきれません。

私は記録マニアではありません。
思ったことや目について感じたことを書き留めておきたいのです。
でもまだまだです。

 

自分で言うのもなんですが
確かに何か、良いことを思いついているのです。

大きなことではないのですが、
何かのとっかかりになりそうなこと。

いつもとちょっと違う視点に気づいたこと。

すぐにできそうな変更、
育てられそうな兆しへの気づき。

いろいろ目にし、その都度思い、
小さな出発点になりそうな
ありふれてはいるけれども、そこだけ光っているような、
そういう気づきに日々出くわし、通り過ぎて行くのです。

 

いくつかはメモします。
スピード勝負です。間をおいてはダメなんです。
メモを探している間に忘れることもしょっちゅうです。

目の前の作業を中断して描き込むほどではないと思い、
後で何か大きなものを失ったような後悔の念を感じることもあります。

パッと思いついて、さっとメモする
そういう高等技術を身に付けたい。
「発見の手帳」は準備したけれども
発見の10に一つもメモしてない。
そんな気がしてしょうがないです。

 

ささやかな発見をいとおしむ余裕のなさか
探究心の不足か、
ただの面倒臭がりか。

 

今からでもメモ魔になりたい。
なりたくてなるものではなく、
なっているものだとは思うけれども。

もっとメモしたいです。
その先はまたその先で考えるとして。

 

メモの価値は考えることの引き金になることです。
そこから転がりだすのです。

もっとメモする。
それはもっと考えようということと同じ。
もっと考えたい。もっと思いを現実化したい。

だからメモすることの優先度を上げます。
メモ魔と呼ばれたいです。

 

 

 

  • 一覧はこちら