スタッフブログ

2018年09月23日

彼岸

 

連休のなか日。故郷の墓参りに。
そこは自分が小学校の頃から親しんだ場所で
いけば自然と気持ちが落ち着きます。

 

ただ墓地の隣の田んぼは今年から耕作放棄地となり、
また周りの墓は参る頻度が減っているためか造花が増え、
なかには草木が生い茂る墓もあったりして
いくたびに過疎化、人口減少の影響を感じて帰ってきます。

 

この課題は日本全体の課題であり
先を行ってるだけなのかもしれませんが
手入れが行き届いてない実家も含めて
なかなか向き合いきれない現象です。

 

ただインターネットが普及したことで
その地に暮らす同窓生や母校の近況が身近になり
昔よりも心を向ける頻度は上がった気がします。

 

以前、母校の学校案内のお手伝いをしたことはありましたが
今の時代における地方への貢献とはなんだろうと
地元に帰るたびに考えつつ、いつも明確な答えは出せていません。

 

単発のイベントだったり、告知だったり、
そういうことではないんですよね。
長く続く何か。

 

昨日の読書で学んだことは「地方にこそ『生産性』」。
では、地方の生産性とはどこから高めるのか。
それを担うのは誰?役所?事業主?

 

故郷に限らず、県全体、日本全体のこととして考え出すと
なかなか骨太な研究テーマになります。

 

 

  • 一覧はこちら