スタッフブログ

2018年08月26日

人生の春夏秋冬

 

以前、マーケティングで有名な神田昌典氏は著書の中で
人生や事業のサイクルを四季の春夏秋冬になぞらえ
3年×4=12年周期のライフサイクル論を展開していました。

自分の人生の上がり下がりの意味を知りたい動機から
かなり前に調べてみたことがありました。

そのサイクルを年表にし、
自分のこれまでの出来事や家族の年齢、世間の出来事まで記入して
「春夏秋冬表」なるファイルを作成して長く保存しており、
時々それを開いて眺めてます。

上がり下がり、ターニングポイントが視覚化され
その春夏秋冬理論はそれなりにはまるような気がしています。
今日も、将来を考える上で
久しぶりに開いて眺めていました。

 

神田昌典氏はマーケティング、ビジネスの専門家ですので
この春夏秋冬理論をビジネスに当てはめ、
次のように捉えていたようでした。

 

「春は思い切って行動し、
 夏は驚くほど成長する。
 秋には事業の刈り取りをして、
 冬からは次のサイクルに向かって土壌を整える。」

 

細かい話は別としても
一つの事業を12年で捉えるのは決して乱暴とは思いません。
逆に12年もの長い間、同じビジネススキームでやっていけるわけもない
と感じるような現代です。

 

当たっているかどうかはともかく、
人生にもビジネスにも季節の移り変わりがあり
それに備えた支度、合った行動が必要なのだと
冷めた目で考え直す、
良い材料になると思います。

  • 一覧はこちら