スタッフブログ

2018年08月22日

マーケット × メディア × メッセージ

 

近々ロゴマークを変更するのに伴い名刺も作り変えます。
名刺の裏にはサービス内容が載っています。
この機会に内容を整理し、シンプルにしました。

サービス内容
① 企業サイト/ECサイトの開発
② ウェブマーケティング代行(サイト運用/ネット広告)
③ 各種メディアコンテンツ制作
④ 企業広報誌・販促ツールの企画制作

いずれも「メディア」と「メッセージ」で出来ています。
届ける先は「マーケット」、明確に絞り込んだターゲットです。

 

マーケティングの世界では
「三つのM」の原則が有名で

マーケット・・・誰に伝えるか(ターゲット)
メディア・・・・何を介して伝えるか(媒体・告知ツール)
メッセージ・・・どんな内容を伝えるか

これら「三つのM」がマッチしないと成果は出ないと言われています。
マーケットを絞り込み、適切なメディアを選び、
心を動かすメッセージを考える。

 

誰に、何を売りたいか、何を伝えたいか。
その考えを聞かせていただき方法を検討しています。
「三つのM」を明確にしていくことが大切な出発点になるのですね。

最初にヒアリングを行うのはそのためです。
逆にそれを明確にしないままでは費用を提示することもできません。
直接出向いて伺うこともあれば、電話で伺うこともあります。
マーケットに狙いを定めて、メディアとメッセージを定義するのです。

ヒアリングをしてもご発注に至らないことはありますが
それはそれで仕方のないこと。
ただし予算を示していただくと、その範囲内で提案できることもあります。

インターネットが発達したことによって
マスメディアに頼らずともターゲットと接触できる時代です。
ただしきちんと「繋がった場合」に限ります。

ただ作るだけでは
「三つのM」を満たさず成果も見込めないのです。

掲載するコンテンツや広告は大切なメッセージです。
心を動かし、行動を促し、良い出会いがなければなりません。
強引な「ラブコール」では無視されます。

条件、性格、熱い想い。
全てを伝えるべく、
お客様あての「ラブレター」を書くのです

 

  • 一覧はこちら